浮気離婚慰謝料のことなら

浮気離婚慰謝料は、配偶者と不倫相手の両方に請求できます。

配偶者とは話し合いをすることは簡単ですが、不倫相手は赤の他人ですので、浮気離婚慰謝料を請求するときには相手の名誉を毀損したりしないように気をつけておかなくてはなりません。

不倫は不法行為ではありますが、犯罪とは違います。また、配偶者が独身のフリをして浮気をしていたのなら、相手には不法行為は成立しないこともあります。いずれにしても、まずは弁護士に浮気離婚慰謝料の相談をしてみることがおすすめです。

浮気相手は赤の他人ですので、逆に名誉毀損などで訴えられてしまう可能性もあります。適切な方法で浮気離婚慰謝料請求をすれば、トラブルが起きる可能性は減らせます。

離婚弁護士に依頼して解決を

日本の離婚率は近年高くなっており、今や約3組に1組が離婚に至っていると言われています。

原因は不貞による浮気離婚、性格の不一致、モラハラやDVなど様々ですが、いざ離婚するとなると財産分与や慰謝料、子供の親権、養育費、面会はどうするのかといった様々な問題に直面します。

1人でこれらの問題を解決するのは大変なことであり、場合によっては不利な条件で離婚に至ってしまうこともあります。そこで少しでも有利に離婚するために弁護士に依頼するという方法があります。

弁護士と言ってもそれぞれ得意分野がありますので、まずは離婚問題に強い弁護士を探しましょう。

離婚弁護士は基本的に全ての手続きを代行してもらえるので、交渉や調停、裁判を個人で行うよりも円滑に進めることが可能です。

離婚問題に直面している方はぜひ一度弁護士に相談して下さい。

離婚相談なしで浮気慰謝料を交渉

弁護士への離婚相談費用が気になる場合や、自分達だけで何とかしたいという気持ちであれば、相談なしで浮気離婚慰謝料を交渉する事を考える人もいるかもしれませんね。

離婚相談をしないで浮気離婚慰謝料を交渉するとすべて自分で対応する必要があります。

夫婦が浮気離婚慰謝料について直接話をするのは大変な事かもしれません。離婚相談するなら最初から相談している方がいいケースもあるかと思いますが、一度浮気離婚慰謝料に関して話をしてみるのもいいかもしれませんね。

最終的には、浮気離婚慰謝料について納得できる様な金額に決定する事ができればいいですね。それからも人生は続きますので、生活の事も考えないといけませんね。

浮気離婚慰謝料の金額について相談

支払われる浮気離婚慰謝料というのは一定ではなく、金額に幅があります。

納得できないのであれば、相談する事で浮気離婚慰謝料を調整する様にしたいですね。その際の相談相手としては、弁護士が適切と言えそうです。

特に浮気離婚慰謝料は高額になる事もあるため、弁護士に相談するのが好ましいと思われます。浮気離婚慰謝料の相談をすると、弁護士は交渉を進めてくれます。

また、浮気離婚慰謝料を相談した後の交渉だけでは、望む結果にならない事もあり、調停や裁判という道を選択するという道も考えられます。その際には誰が見てもはっきりと分かる様な証拠があるかどうかという事も、問われる場合があるみたいですね。

状況で判断される浮気離婚による慰謝料

例えば、浮気離婚により慰謝料を受け取る事になったとしても、一度浮気をしていた場合と、何度も浮気を繰り返していた場合を考えると、何度も繰り返し行っている場合の方が、相手のメンタルに与えるショックも大きいので、浮気離婚による慰謝料も高い金額になる事が想定されます。浮気離婚による慰謝料は、状況を把握した上で判断される事もあります。

また、どの程度前から浮気を繰り返しているのか、また頻度はどうかという事も浮気離婚による慰謝料に反映される事もあります。浮気離婚の時には被害者が不条理な立場に立つ事がない様に、慰謝料が決定される事もあります。

そのためには事実関係を正確に伝える必要があります。