離婚弁護士に依頼して解決を

日本の離婚率は近年高くなっており、今や約3組に1組が離婚に至っていると言われています。

原因は不貞による浮気離婚、性格の不一致、モラハラやDVなど様々ですが、いざ離婚するとなると財産分与や慰謝料、子供の親権、養育費、面会はどうするのかといった様々な問題に直面します。

1人でこれらの問題を解決するのは大変なことであり、場合によっては不利な条件で離婚に至ってしまうこともあります。そこで少しでも有利に離婚するために弁護士に依頼するという方法があります。

弁護士と言ってもそれぞれ得意分野がありますので、まずは離婚問題に強い弁護士を探しましょう。

離婚弁護士は基本的に全ての手続きを代行してもらえるので、交渉や調停、裁判を個人で行うよりも円滑に進めることが可能です。

離婚問題に直面している方はぜひ一度弁護士に相談して下さい。

改善が難しいモラハラが離婚に

人はなかなか人から指摘された自分の問題点を認め改善するという事が難しい事もあります。
モラハラも改善が難しい場合が多いので、結果として離婚を招く事だってあります。

また、実際に離婚をしていなくても、モラハラによる精神的なダメージにより離婚が頭をよぎるという人もいます。
子供がいるとモラハラ離婚をすると子供がかわいそうという事で、モラハラに耐えている人もいる様です。

モラハラでは被害者が一人で思いつめているケースもあります。

インターネットを使って調べてみても、モラハラ離婚に関する記事を見かける事もあります。
当事者にとっては大きな問題であり、辛い悩みへと発展してしまっている事もあるようです。

理解してもらいたいモラハラによる離婚

モラハラをしている本人は被害者以外の人に対してはいい顔をしている事が多く、外ではいい人と思われている事が多い様ですので、家族や友達にモラハラで離婚しようと思っているという事を相談しても、いい人なのになんで、と思われる事もある様です。

ますます、モラハラが辛くなり、離婚したいという気持ちが大きくなる事もあるかもしれません。モラハラが離婚を考えるまで追い詰められているという事を理解してもらえないのは辛いと思います。モラハラで離婚を考えている人は、弁護士に相談するといいでしょう。

離婚の手続きのサポートだけでなく、相談にも応じてくれて、きっと辛い気持ちを理解してもらえる事でしょう。