弁護士を通して平等な離婚を

普段からどちらかが、言いたい事を我慢する様な状況であれば、離婚をする時の条件は知らない間に不平等になってしまう事もあります。

そんな時にこそ、弁護士に仲介してもらい対等な立場で離婚の話ができれば、いいですね。自分が不利にならないためにも、弁護士に離婚の相談をしたいですね。

暴力の果てに離婚をしたいという人であれば、離婚の話をするとまた暴力が待っているのではないかと心配する人もいますが、弁護士がいると、そんな心配からもきっと解放される事でしょう。弁護士は過去に困難な問題も扱っている事もあり、いろんなケースに対応してくれる場合もあります。

これからも辛い思いがずっと続くのは嫌だという人は、自分を守るために弁護士に相談するといいかと思います。

状況で判断される浮気離婚による慰謝料

例えば、浮気離婚により慰謝料を受け取る事になったとしても、一度浮気をしていた場合と、何度も浮気を繰り返していた場合を考えると、何度も繰り返し行っている場合の方が、相手のメンタルに与えるショックも大きいので、浮気離婚による慰謝料も高い金額になる事が想定されます。浮気離婚による慰謝料は、状況を把握した上で判断される事もあります。

また、どの程度前から浮気を繰り返しているのか、また頻度はどうかという事も浮気離婚による慰謝料に反映される事もあります。浮気離婚の時には被害者が不条理な立場に立つ事がない様に、慰謝料が決定される事もあります。

そのためには事実関係を正確に伝える必要があります。

理解してもらいたいモラハラによる離婚

モラハラをしている本人は被害者以外の人に対してはいい顔をしている事が多く、外ではいい人と思われている事が多い様ですので、家族や友達にモラハラで離婚しようと思っているという事を相談しても、いい人なのになんで、と思われる事もある様です。

ますます、モラハラが辛くなり、離婚したいという気持ちが大きくなる事もあるかもしれません。モラハラが離婚を考えるまで追い詰められているという事を理解してもらえないのは辛いと思います。モラハラで離婚を考えている人は、弁護士に相談するといいでしょう。

離婚の手続きのサポートだけでなく、相談にも応じてくれて、きっと辛い気持ちを理解してもらえる事でしょう。