離婚相談

DVが原因の離婚相談なら、離婚問題を得意とする弁護士を選びましょう。デリケートな問題で男性に話しにくい場合には、法テラスなどで女性の弁護士を紹介してもらいましょう。

DVがあるというケースでは、慰謝料をもらうこともできますが、配偶者が争う姿勢を見せている場合には証拠も必要になります。早い段階で相談をする必要があるでしょう。病院で診察を受けたり、警察に相談をして写真をとってもらうことで証拠になります。

慰謝料、財産分与、子供の親権、面会交流権など、複数の問題で争いになるケースもあります。複数の法律事務所で面談を受けて、信頼できる人を探すことがおすすめです。